うつナビホーム   トピックス    薬の服用がうつ状態を引き起こす

スポンサードリンク

薬の服用がうつ状態を引き起こす

心の病気を抱えているわけでもないのに気分が落ち込む、気分がすぐれないといったうつ状態になる場合があります。これは薬が影響していることがあります。このようにうつ状態の誘因には、治療中に飲んでいる薬によって脳や神経が影響を受ける場合がありますので注意する必要があります。

一般的に知られているのが

  • 1 高血圧治療薬・・・・中でもレセルピン
  • 2 慢性肝炎治療薬・・・インターフェロン
  • 3 慢性関節リュウマチや全身性エリテマトーデスの治療薬・・ステロイド薬
  •  (ステロイド薬・・・副腎皮質ホルモン)
  • 4 胃潰瘍治療薬・・・H2受容体拮抗薬
  • 5 精神状態を改善する精神安定剤はめまいや妄想が出る場合があります。
  • 6 緑内障治療目薬、経口避妊薬、アスピリン、鎮痛剤、乳がん治療薬などは長期間使用するとうつ状態を引き起こすことがあります。
  • 7 他には過度のアルコール摂取、覚せい剤、コカイン、薬物摂取もうつ状態を引き起こす誘因になります。

* なお、おかしいと思われるがありましたら専門医に診てもらいましょう。


スポンサードリンク

トピックス内の記事一覧

精神疾患(うつ病等)が国民病に加えられました
国民病と言われています「がん、急性心筋梗塞、脳卒中、糖尿病」の4疾病に精神疾患を...
薬の服用がうつ状態を引き起こす
心の病気を抱えているわけでもないのに気分が落ち込む、気分がすぐれないといったうつ...
うつ病と誤解されやすい病気
うつ病と誤解されやすい病気として「慢性疲労症候群」があります。 この病気は、極度...
うつ病の障害年金があります
うつ病になりますとその症状で障害年金を受給することができます。障害の認定はほとん...
うつ病と遺伝の関係は
うつ病の原因ははっきり分かっていません。しかし、最近の研究では、うつ病患者が過去...
軽いうつ病の治療に光療法が有効
最近のうつ治療に光療法が有効とのことです。強い光を浴びますとセロトニンという脳内...
うつ病と遺伝の関係
うつ病は原因がはっきり分かっていません。しかし、最近の研究では、遺伝も関与してい...
自殺者は中高齢者に多い
自殺者はここ数年毎年3万人を超えています。その内訳は、高齢者になるほど多くなりま...