うつナビホーム   トピックス    うつ病と誤解されやすい病気

スポンサードリンク

うつ病と誤解されやすい病気

うつ病と誤解されやすい病気として「慢性疲労症候群」があります。
この病気は、極度の疲労が一日中又は一日のほとんどの時間、生じており、これが長期間続く状態をいいます。
睡眠をとっても改善せず、慢性的な疲労感、微熱、食欲低下、原因不明の筋力の低下、思考力の低下、関節障害、睡眠障害などが6か月以上続いたり、再発してりします。 このようにいつも疲労を感じている人は、男性で5人に1人、女性では3人に1人いると言われています。
慢性疲労症候群の原因は分かっていませんし、専門医も少ないようです。


スポンサードリンク

トピックス内の記事一覧

精神疾患(うつ病等)が国民病に加えられました
国民病と言われています「がん、急性心筋梗塞、脳卒中、糖尿病」の4疾病に精神疾患を...
薬の服用がうつ状態を引き起こす
心の病気を抱えているわけでもないのに気分が落ち込む、気分がすぐれないといったうつ...
うつ病と誤解されやすい病気
うつ病と誤解されやすい病気として「慢性疲労症候群」があります。 この病気は、極度...
うつ病の障害年金があります
うつ病になりますとその症状で障害年金を受給することができます。障害の認定はほとん...
うつ病と遺伝の関係は
うつ病の原因ははっきり分かっていません。しかし、最近の研究では、うつ病患者が過去...
軽いうつ病の治療に光療法が有効
最近のうつ治療に光療法が有効とのことです。強い光を浴びますとセロトニンという脳内...
うつ病と遺伝の関係
うつ病は原因がはっきり分かっていません。しかし、最近の研究では、遺伝も関与してい...
自殺者は中高齢者に多い
自殺者はここ数年毎年3万人を超えています。その内訳は、高齢者になるほど多くなりま...