うつナビホーム   関係用語集    認知行動療法とは

スポンサードリンク

認知行動療法とは

認知行動療法とは、物事を解釈したり理解する認知や感情に焦点を当てる認知療法と学習理論に基づく行動変容理論に基づく行動療法を統合したのを認知行動療法と言います。認知とは予測や判断、信念や価値観といった認知的要因が個人の情緒や行動にどのように影響を及ばしているかを積極的に治療標的として扱い、それを適応的認知と変容していくことによって情緒の安定や行動の修正を効果的に行っていくことを目的にしています。この療法は比較的短期間で治療効果が認められる。

具体的には

  • 1 誤った認識・陥りがちな思考パターンの癖の修正する
  • 2 避けたがっている問題をあえて向き合うことで徐々にトラウマに慣れさせる。
  • 3 悲しみを外に出して心を癒すことで気持の安定を図る。

このような修正を組み合せることで精神的な苦痛と、それに伴う身体的な症状を改善していく治療法です。

このような前提で改めて認知行動療法とは

認知の歪みを客観的に正し、クライエント自身で感情や考え方の安定したコントロールができるようにすることで、問題に囚われた精神状態から脱却し、再び同じ心身状態に陥ることを防ぐものです。

認知行動療法で注目するのはその人の持つ否定的な考え方です

否定的な考え方に「自動的思考(自己否定)」、「スキーマ(思い込み)」や「不合理な信念」があります。認知行動療法での介入の方法は

  • 1 認知的技法
  • 2 情緒的技法
  • 3 社会的技術訓練
  • 4 交流分析法
  • 5 系統的脱感法

があります。これらの技法を総合的に用いて、治療が進められます

認知行動療法はうつ病に有効な手法と言われています

認知行動療法はうつ病や人格障害に有効な治療方法であり、治療において投薬療法よりも結果が良かった、といったデーターがでています。
認知行動療法の最終的目標はあなた自身が認知療法を用いてセルフコントロール出来るようになることです。

まずは自分を日頃から理解しておくことです。そして、その対応に心がけてください。


スポンサードリンク

関係用語集内の記事一覧

認知行動療法とは
認知行動療法とは、物事を解釈したり理解する認知や感情に焦点を当てる認知療法と学習...
うつ病治療のDLPFCとは
DLPFCとは脳の前頭葉にあり、次の様な機能を持っています。 1 ものごとの判断...
精神科とは
精神科とは、「心の病気」を治療する医療機関です。心が原因で心に症状が出る病気の「...
心療内科とは
心療内科とは心と体を一つのものと考え心身両面から診察・治療していく診療科です。内...
月経前緊張症とは
女性は初潮から閉経まで、女性ホルモンに体だけではなく心も影響を受けます。 だいた...
神経伝達物質とは
脳内において様々な信号を伝えるのが神経伝達物質です。神経伝達物質には、セロトニン...
更年期障害とは
更年期障害とは、閉経を挟んだ数年間のことを言います。個人差はありますが、大体45...
睡眠時無呼吸症候群とは
睡眠時無呼吸症候群とは、7時間以上の睡眠中に一時的に20?40秒も長く続く呼吸停...