うつナビホーム   関係用語集    うつ病治療のDLPFCとは

スポンサードリンク

うつ病治療のDLPFCとは

DLPFCとは脳の前頭葉にあり、次の様な機能を持っています。

  • 1 ものごとの判断や意欲をコントールする。
  • 2 へんとう体の暴走を制御する。

へんとう体とは

へんとう体は、不安、恐怖、悲しみ等のメガティブな感情が生まれるところであり、これが暴走しますとうつ病が発症します。これを制御しますのが、DLPFCなのです。
うつ病の治療として米国では、磁気刺激による治療がなされています。
頭の上からDLPFCに磁気で刺激を与えて、DLPFCを活性化せ、へんとう体を制御しようとするものです。
この治療は75%の患者さんが回復しているそうです。この治療が日本で普及するのは2から3年かかるそうです。

手術による治療

その他に脳の「25野」を手術によって刺激し治療する方法が米国では取り入れられているそうです。これは胸に電源を埋め込み脳の25野に刺激を与えて活性化しようというものです。
この治療成果の40名の治療に対して75%程度の回復が見られたそうです。
認知行動療法はうつ病の予防に良いとのことです。
病気になる前に予防することが一番良いのであって、その予防方法として、認知行動療法が有効であると言われています。

* 上記情報は一つの情報を提供するものであって、治療に対して責任を持つものではありません。心配な方は医師に相談して下さい。


スポンサードリンク

関係用語集内の記事一覧

認知行動療法とは
認知行動療法とは、物事を解釈したり理解する認知や感情に焦点を当てる認知療法と学習...
うつ病治療のDLPFCとは
DLPFCとは脳の前頭葉にあり、次の様な機能を持っています。 1 ものごとの判断...
精神科とは
精神科とは、「心の病気」を治療する医療機関です。心が原因で心に症状が出る病気の「...
心療内科とは
心療内科とは心と体を一つのものと考え心身両面から診察・治療していく診療科です。内...
月経前緊張症とは
女性は初潮から閉経まで、女性ホルモンに体だけではなく心も影響を受けます。 だいた...
神経伝達物質とは
脳内において様々な信号を伝えるのが神経伝達物質です。神経伝達物質には、セロトニン...
更年期障害とは
更年期障害とは、閉経を挟んだ数年間のことを言います。個人差はありますが、大体45...
睡眠時無呼吸症候群とは
睡眠時無呼吸症候群とは、7時間以上の睡眠中に一時的に20?40秒も長く続く呼吸停...