うつナビホーム   脳内伝達物質    カテ―コールアミンとは

スポンサードリンク

カテ―コールアミンとは

カテコールアミンは、ドーバミン、ノルアドレナリン、アドレナリンの3つの種類の総称、また、神経の接続部分で働く神経伝達物質で脳や交感神経などに分布しています。
カテコールアミンは副腎髄質の腫瘍により異常分泌されることがあります。
カテコールアミンはストレスが原因で増えます。心配事や恐怖心等でカテコールアミンが増えます。それによって血液中にカテコールアミンが増えまず。これによって「火事場の馬鹿力」になってパワーを発揮しますが、反面、血小板を凝固させる働きがありますので、脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなります。


スポンサードリンク

脳内伝達物質内の記事一覧

カテ―コールアミンとは
カテコールアミンは、ドーバミン、ノルアドレナリン、アドレナリンの3つの種類の総称...
ノルアドレナリンとは
ノルアドレナリンもドーバミント同じように興奮物質ですが、ドーバミント違うところは...
ドーバミンとは
ドーバミンとは、脳内伝達物質の一つで、脳内伝達物質は他にはセロトニン、ノルアドレ...
セロトニンとは
セロトニンとは脳内伝達物質の一つで、脳内伝達物質はドーバミン、ノルアドレナリン、...