うつナビホーム   脳内伝達物質    セロトニンとは

スポンサードリンク

セロトニンとは

セロトニンとは脳内伝達物質の一つで、脳内伝達物質はドーバミン、ノルアドレナリン、カテコールアミン、アセチルコリン等がありますが、それぞれが脳内での働きが異なりセロトニンは別名「幸福汁」と言われ、心と体の元気にしたり気分を高揚させてくれます。その意味では心と体のバランスの調整役をしてくれるといえます。

セロトニンが不足すると

セロトニンが不足しますと姿勢が悪くなったり、表情が乏しくなってきます。それが進むと心のバランスが崩れ、うつになったりキレやすくなったりします。

セロトニンを増やすには

太陽の光(刺激)がセロトニンは好きで光の刺激でセロトニンの分泌量が増えたりします。また、セロトニンは、単純なリズム運動でも分泌量が増えます。
セロトニンは眠っている間は作られませんので目覚めると共に分泌されます。そこでその分泌量を朝たくさん分泌されますと気持の良い一日がスタート出来るというものです。

朝にセロトニントレーニングを

セロトニンはリズム運動の繰り返しで分泌量が増えると言われます。朝のラジオ体操は理にかなっていると言えます。その他にも起きた時に布団の上で5分ほど腹筋を使った深呼吸運動等を行うのも良い。小さなことですがガムをかむ事もよいと言われています。 このようなことで大切なことは習慣化し一時的な気休めにしないことです。
気持が落ち込んでいるような時は、セロトニンが不足しているとのことでリズム運動や散歩など気分転換を兼ねて行うのも良いでしょう。しかし、落ち込みのひどい時は是非専門医に診てもらうことが大切です。


スポンサードリンク

脳内伝達物質内の記事一覧

カテ―コールアミンとは
カテコールアミンは、ドーバミン、ノルアドレナリン、アドレナリンの3つの種類の総称...
ノルアドレナリンとは
ノルアドレナリンもドーバミント同じように興奮物質ですが、ドーバミント違うところは...
ドーバミンとは
ドーバミンとは、脳内伝達物質の一つで、脳内伝達物質は他にはセロトニン、ノルアドレ...
セロトニンとは
セロトニンとは脳内伝達物質の一つで、脳内伝達物質はドーバミン、ノルアドレナリン、...