うつナビホーム   うつ病の早期発見    憂さ晴らしの居酒屋効果

スポンサードリンク

憂さ晴らしの居酒屋効果

昔の主婦は井戸端会議で家庭内等の憂さ晴らしをしていました。今は見ませんが、女性同士のおしゃべりはそれなりにストレス発散にはなっています。男性は仕事が終われば居酒屋に直行という人も多く、今も昔も変わらないところがあります。
居酒屋で男同士が上司のや取引先等々の不満をぶちまけて楽しく(?)飲んでストレス発散することで気分をリフレッシュしています。ほろ酔い程度のお酒は、ストレス状態を改善したり、緊張や不安感を和らげてくれます。
ただし、注意したいのはアルコールはうつ病によくありません。落ち込んでいる時に気分を酔いで紛らわしたり、睡眠をアルコールに頼るとそれが癖になり、つにはアルコール依存症になるおそれがあります。
自分で気分が落ち込んでいる時やストレスがたまっている時などは意識的にこのことを良く理解し気の合う仲間などで、たしなむ程度で心の交流を深めストレスを発散しましょう。これはうつ病への予防にもなります。

* うつ病になってしまった方はアルコールは控えるようにしましょう。


スポンサードリンク

うつ病の早期発見内の記事一覧

憂さ晴らしの居酒屋効果
昔の主婦は井戸端会議で家庭内等の憂さ晴らしをしていました。今は見ませんが、女性同...
3つの自殺原因
日本での近年の自殺者は年間3万人を超えています。その原因を自殺予防総合対策センタ...
うつ病の発見ポイント
うつ病は早期発見、早期治療が一番回復が早いことからうつ病の発見ポイントを理解して...
体調の変化に関心をもちましょう。
質の高い生活には健康が第一です。日常の生活での体調の管理は自分である程度していか...