うつナビホーム   うつ病の早期発見    うつ病の発見ポイント

スポンサードリンク

うつ病の発見ポイント

うつ病は早期発見、早期治療が一番回復が早いことからうつ病の発見ポイントを理解しておくことは大切かと思います。うつ状態には次のようなサインがあります。

  • 1 人に合うのはおっくうになる。

人に気を使うのがおっくうになる。人の居るとことに行きたくない。

    2 頭痛・肩こりになる。

不安・緊張感が続くと頭痛や肩こり腰痛等になります。

  • 3 本や新聞を読まなくなる。

読んでも頭に入らない。

  • 4 些細なことでイライラする

何もしなくなる。気分はむなしい。周囲のささいなことが気になる。気持が落ち着かない。

  • 5 テレビがつまらなくなる。

テレビを見ていてもおもしろくない。

  • 6 身だしなみがだらしなくなる

身だしなみにかまう余裕がなくなる。

  • 7 集中力がなくなる。

落ち着いって一つのことが考えられない。仕事のミスが増える。周りの人に迷惑を掛けているのではないかといった思いが強くなる。

  • 8 派手な色が嫌になる。

うつ状態の人は、派手なものは自分には似合わないと思う。なるべく目立ちたくないといった思いが強くなる。


スポンサードリンク

うつ病の早期発見内の記事一覧

憂さ晴らしの居酒屋効果
昔の主婦は井戸端会議で家庭内等の憂さ晴らしをしていました。今は見ませんが、女性同...
3つの自殺原因
日本での近年の自殺者は年間3万人を超えています。その原因を自殺予防総合対策センタ...
うつ病の発見ポイント
うつ病は早期発見、早期治療が一番回復が早いことからうつ病の発見ポイントを理解して...
体調の変化に関心をもちましょう。
質の高い生活には健康が第一です。日常の生活での体調の管理は自分である程度していか...