うつナビホーム   子どものうつ病    子どものうつ病の治療

スポンサードリンク

子どものうつ病の治療

治療は大人の場合と同じで、薬物療法と精神療法が併用されることが多い、しかし、子どもの場合は、薬物療法は慎重な治療が必要と言われています。
精神療法においては大人と同じで、十分な休養、むやみに励まさない、自殺念慮の確認が重要、また、治療者との信頼関係をもとに自分をありのままに受け入れて行くことが大切になます。
最近は、認知の歪みを修正していこうと「認知行動療法」を積極的に取り入れる治療が増えているが、子どもの場合はその効果等の研究は少ないのが現状です。


スポンサードリンク

子どものうつ病内の記事一覧

うつ病の子への援助
子どものうつ病を周囲の人はどのように支えていくかは、二つの視点で考えられます。 ...
子どものうつ病の治療
治療は大人の場合と同じで、薬物療法と精神療法が併用されることが多い、しかし、子ど...
子のうつ病の発病の理由
1子がうつ病になぜ罹患するのかとの病因については次の3つが上げられる。 1 生物...
軽症の抑うつ病の子は多い?
軽症の抑うつ病の子は意外と多いと言われています。 小学2年生から6年生までの子を...
子どものうつ病はどんな症状か
子どものうつ病の症状は 1 主症状として 1) 抑うつ気分 2) 興味又は喜びの...
子どものうつ病はいつころから注目されるようになったか
1980年代にアメリカ精神医学会がDSM-?という診断基準を設定し、大人と同じ症...