うつナビホーム   うつ病に使う薬    うつ病と薬物療法

スポンサードリンク

うつ病と薬物療法

多くのうつ病の治療には薬物療法が有効であることは言うまでもないことですが、最近は副作用も少なく良い薬がでております。うつ病の治療薬を「抗うつ薬と総称していますが、抗うつ薬はその開発の時期によって次のように分類されています。

  • 1 第1世代の抗うつ薬・・・三環系抗うつ薬
  • 2 第2世代の抗うつ薬・・・四環系抗うつ薬・トリアゾロピリジン系
  • 3 第3世代の抗うつ薬・・・SSRI及びSNRI

* 最も古くから使われている三環系抗うつ薬を「第1世代の抗うつ薬」、その後に開発された四環系抗うつ薬を「第2世代抗うつ薬」よ呼ぶことがあります。

抗うつ薬の名称

抗うつ薬には一般名と商品名があります。一般名は正式名称で商名は販売される時につけられる製品名です。

抗うつ薬の効果

  • 1 イライラ感、憂うつ感、不安感など抑うつ気分を改善する。
  • 2 落ち込んだ気持を改善する。
  • 3 無気力感をやる気を奮い立たせる。

うつ病の症状によって処方箋の内容が変わってきます。ある人には少なめの量から始まり徐々に薬の量を増やしていく場合と最初から多めの薬を出す場合があります。
抗うつ薬で注意したいのは、抑うつ効果が上がる前に副作用が出てしまうことが多いことです。副作用として眠気、だるさ、口渇、便秘等で悩まされ薬の服用を止めてしまう人もいます。抗うつ薬の効果がでるまで服用は続ける必要があります。分からないことや疑問がありましたら担当医に相談しましょう。


スポンサードリンク

うつ病に使う薬内の記事一覧

抗うつ薬の副作用
抗うつ薬には、その種類や量により異なりますが副作用があります。代表的な症状として...
うつ病と薬物療法
多くのうつ病の治療には薬物療法が有効であることは言うまでもないことですが、最近は...
HOME
うつ病に使う薬
抗うつ薬の副作用
うつ病と薬物療法
その他のページ
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク

MCC結婚生活相談センター
一般社団法人 日本結婚カウンセリング協会
一般社団法人日本婚前カウンセリング協会
プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

婚活・婚育推進優良事業所
婚前カウンセリング(並)
婚前カウンセリング(並)
結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください

バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら