うつナビホーム   周囲の人の配慮は    躁うつ病の周囲の配慮

スポンサードリンク

躁うつ病の周囲の配慮

躁うつ病の周囲の配慮

本人は、躁よりうつ状態の方が大変ですので忍耐強くサポートして上げてください。躁状態は、やみくももにはしゃいでいますので、自分のその状態をどの程度認識し、コントロールできるかがポイントになります。
患者本人が普通の状態の時にうつ状態の苦しさや躁状態の症状を説明しておくことも大切なことです。
躁状態になると男性は、毎晩飲み歩く、ギャンブルに走る。女性に夢中になるといったことがあります。
女性の場合は、高価な買い物をする。よその家に勝手に入り込んで話しかけ喧嘩になって追い出されるといったことが起こります。
特に注意したいのはうつ状態、躁状態で自殺を図ることです。

  • 1 自宅で十分休養できるように配慮する。
  • 2 きちんと決められたとおり薬を飲む
  • 3 周囲の方は本人の病状や身体的変化を観察する。
  • 4 自殺の兆候を見逃さない。
  • 5 励ます。元気付けるは慎むこと。治療によって治ることをつたえること。

スポンサードリンク

周囲の人の配慮は内の記事一覧

うつ状態に周りの人は気をつけてあげましょう
うつ状態は周囲の人は気づきにくいといわれています。しかし、次のような側面から周り...
うつ病の周囲の配慮
うつ病の周囲の配慮 うつ病は周囲の人に「怠けている」「だらだらしていている」等と...
躁うつ病の周囲の配慮
躁うつ病の周囲の配慮 本人は、躁よりうつ状態の方が大変ですので忍耐強くサポートし...
抑うつ神経症の周囲の配慮
うつ状態を「怠け者」と見ないで主治医に良くきいて対処してあげましょう。また、家族...