うつナビホーム   うつ診断基準    躁うつの診断基準

スポンサードリンク

躁うつの診断基準

うつ診断基準

次のうち、1か2を含む5つ以上が2週間以上続きます。

  • 1 うつ気分の強さ。
  • 2 興味や喜びをあまり感じない。
  • 3 急に体重が増えるか減る。または食欲が減退する。
  • 4 毎日のように不眠か過眠。
  • 5 焦燥感が強く、居ても立ってもいられない(焦燥性うつ病)、逆にまったく何もせず、じっとしているという制止がみられる。
  • 6 毎日のように疲労感があり、気力がわかない。
  • 7 「自分は価値がない人間だ。悪い人間だ」と感じる。
  • 8 思考力や集中力が低下する。毎日していることでも決められない。
  • 9 死をたびたび考えてしまう。また自殺を考えたり、実際に計画を立てる。

躁の診断基準

1 異常な高揚気分が1週間以上続く。多くは気分爽快だが、他方でイライラしやすい、怒りっぽくなる。

2 躁状態の時は次の3つは該当します。

  • 1)自尊心の肥大
  • 2)睡眠欲求の減少(寝なくてもいい)
  • 3)普段よりおしゃべりになる。
  • 4)考えが次々と飛ぶように湧いてくる。
  • 5)注意力散漫
  • 6)あせりがあり、やたらと活動的になる。
  • 7)享楽的になる。高い買い物、高額を掛けるギャンブル、夜遊び等

3 躁とうつが同時に起こることはない。

4 日常生活や仕事、学業に支障がある。対人関係でもトラブルが多い。 幻覚、妄想が見られることもある。

5 薬物乱用や身体の病気によって生じるわけではありません。


スポンサードリンク

うつ診断基準内の記事一覧

躁うつの診断基準
うつ診断基準 次のうち、1か2を含む5つ以上が2週間以上続きます。 1 うつ気分...
抑うつ神経症の診断基準
抑うつ神経症診断基準は次のとおりです。 1 1日中滅入ってしまうことが殆ど毎日で...