うつナビホーム   心の病気の種類    マタニティブルーとは

スポンサードリンク

マタニティブルーとは

マタニティブルー

出産を契機に妻の様子が変わったと感じる夫は多いと思います。この産後の変化はなぜ起こるのでしょうか?
この変化を理解しておくことは、今後の夫婦関係にとって大変重要なことかと思います。
まず、妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが大量に分泌されていたのが、出産によって急激に減少し、このホルモンの変動が妻の情緒を不安定にさせます。
ホルモンの変化に伴って更に分娩の疲れや育児の気づかい、不眠、食欲不振、などがストレスになり軽いうつ状態になったりします。そのピークは産後2日から3日目で産後2週間位で自然に消えていきます。

症 状

症状は、わけもなく涙が出てきたり、家族のちょっとした言葉が気にさわって悲しくなったりします。
産後、慣れない赤ちゃんの世話をしなければならない心労などが重なり、周囲にサポートしてくれる人がいない場合等は孤立感を深めてしまいます。状況によってうつ状態がひどくなって中にはうつ病になるケースもあります。
注意したいのは、出産した妻に女性として接することが出来ない。逆に妻が夫を疎ましく思うなど、子どもの誕生により、夫婦関係がぎくしゃくすることはマタニティブルーに陥る大きな要素です。
マタニティブルーの時の夫の妻への接し方は優しく接し、妻の辛い気持に添って上げることです。それは、話を聞いて上げることだけではなく家事・育児を共に行い負担を軽くして上げることが大切です。このような助け合いができれば夫婦関係は円満にいきますし、夫婦の絆も強くなります。


スポンサードリンク

心の病気の種類内の記事一覧

産後うつに注意
産後うつ病は、出産から3週間から4週間に現れる女性特有の病気です。 実家で出産し...
ブルーマンデーとは
ブルーマンデーは、初台関谷神経科クリニックの関谷透院長によって名づけられ「月曜日...
産後うつ病
産後うつ病とは 現在の日本は核家族化が定着しており、出産後もお母さんが一人で2~...
マタニティブルーとは
マタニティブルー 出産を契機に妻の様子が変わったと感じる夫は多いと思います。この...
うつ病(単極性障害・単相性うつ病及び大うつ病)
うつ状態だけが見られる。躁うつ病ほど多くはない。発症する年代のピーク40代から6...
気分変調性障害(抑うつ神経症)
うつ病ほど深刻ではないが、いつもゆううつな気分にさいなまれる。うつ病との区別が難...
躁うつ病(双極性障害・二相性躁うつ病)
躁とうつがかわるがわる現れる。発症する年代のピーク30代、発症の男女比は1対1で...
うつ病の種類
うつ病は、大きく分けて2つに分けられます。 一つは、抑うつ状態のみが、一回又は繰...